女性

少人数で行なえる葬儀|家族葬を行なうメリットを紹介

多種多様になる葬儀

花

残された家族の選択

大阪では大規模な葬儀よりも家族葬を選択する方が増加しており、亡くなられた方が高齢の方や生前の希望によって小規模な家族葬が多くなっていますがメリットとデメリットがあります。家族葬は遺族のみや親しい知人を呼び葬儀をしますが大阪では多くても50人程度の葬儀になり、見知った方で集まるため遺族が挨拶などで気を使う事が無いためゆっくりと亡くなられた方とお別れできるメリットがあります。精神的にも肉体的にも葬儀は疲労するため遺族に体が弱い方や高齢の方がいる場合は葬儀屋との打ち合わせも短いため負担が少なくなります。少人数の葬儀になるため会葬で葬儀費用を全て出す事は難しく、大勢の参列者から会葬を貰える一般葬と比べると費用がかかるかもしれません。そのため費用面で不安がある方は一般葬の方が良い場合もあります。大阪の場合は家族葬や一日葬などの小規模の葬儀を専門にする葬儀屋も多く、値段もシンプルに済ませる場合は80万程度で済む事もあり、大阪の老舗の葬儀屋の場合は会員になっていると割引価格や安いプランで葬儀ができる事があります。家族に高齢の方や病気を患っている方がいる場合は事前に葬儀屋の会員になったり、本人の希望を聞いてプランを考えておくと突然の場合でも焦らず葬儀の準備をする事ができます。家族葬の場合は呼ばなかった親族や知人には四十九日法要後にハガキなどで挨拶をする事が一般的で、家族の意向や故人の遺志で家族葬であった事、香典や供花を辞退する事を明記します。